マルエイのバイオエネルギー部門では、バイオマス熱利用システムによる燃料費削減提案を行っています。

今、地球に対して何ができますか? 再生可能エネルギーがブームとなった昨今、
時代は次世代の新エネルギーを探しています。
マルエイのバイオエネルギー部門では、
エネルギーの熱利用を重点に、 燃料費の削減提案を行っています。

バイオマス熱利用システムによる燃料費削減提案を行っています PROPOSAL

私たちは「地産地消」をキーワードに、必要なエネルギーはその地域で賄うことを目的としています。
そこで、日本の豊かな森林や各地域で排出される廃棄物に着目し、バイオマスエネルギーとして最も効率よく活用することで、環境面だけでなく、経済的にも魅力あるご提案を実現致します。

最もシンプルで、最もローコスト。マルエイのバイオマス熱利用システム SYSTEM

丸太燃料ボイラーシステム = LET'S

丸太燃料ボイラーシステム = LET'S
大企業様向け

最もシンプルで、最も環境にやさしい

独自技術により、加工無しで丸太をそのまま燃料として活用することができるようになりました。(技術特許取得) 国内資源である丸太を燃料とすることで、原油価格・為替の影響を抑えられ、安価に蒸気を供給することができるのです。

対象のお客様:
食品加工工場、製紙、リネン、温泉施設など大量に熱源を必要とする大規模工場

丸太燃料ボイラーシステム = LET’Sについて詳しく見る

建築廃材チップボイラーシステム

建築廃材チップボイラーシステム
中小企業様向け

最も低価格なエネルギーを目指す

日本の人口減少が危惧される中、今後日本は空き家率が高くなっていくことが見込まれます。取り壊す際に発生した建築廃材を燃料として利用することで、非常に低価格での燃料供給が可能となりました。 発生させた熱は、温水や蒸気として使うことができます。

対象のお客様:
食品加工工場、スーパー銭湯など、蒸気・温水を活用する施設

建築廃材チップボイラーシステムについて詳しく見る

排出汚泥の熱再生利用システム

排出汚泥の熱再生利用システム

工場で出たものは、全て工場でリサイクル

工場において、生産工程の中で廃棄物は必ず発生します。 そんな廃棄物の処理費用に、年間で数千万円支払っている企業も少なくありません。 私たちはそれらを工場内の燃料として再利用することで、処理費用を大幅に削減します。

対象のお客様:
汚泥(スラッジ)や食品廃棄物の発生する施設

導入に関しては、お電話・またはメールフォームよりお問い合わせください。

導入について INTRODUCTION

幅広い業種の方にバイオマスシステムをご提供させて頂くために、マルエイでは2つのパターンでお客様に提案をさせて頂きます。

システム導入(有償貸与)

初期投資不要。運営からメンテナンスまで、全てマルエイがサポートします

設備導入の際に最大の懸念材料となるのは、導入費用です。その設備がいくら環境に良く燃費コスト削減を見込むことができても、導入費用が高ければそもそも導入することはできません。
マルエイは、そのようなお客様にもご利用頂くために、初期投資は一切頂かずお客様にバイオマスボイラーシステム一式を貸与契約し、お客様には使用した分の燃料や蒸気だけをお支払い頂く仕組みを採用しています。この仕組みにより、初期投資なしでお客様は燃料費削減のメリットをご享受頂くことが可能となりました。

システム導入について詳しく見る

ボイラー機器販売

ボイラー機器のみのご購入も可能です

日々の燃料コストを極限まで見直してみませんか?
バイオマスボイラーシステム一式の一括購入ももちろん可能です。お客様から頂いた情報を基に、設計から設置、日々の運用まで責任を持ってアフターフォローさせて頂きます。

ボイラー機器販売について詳しく見る

会社情報 INFORMATION

運営会社
株式会社マルエイ
担当部署
アグリ・バイオエネルギー事業部
所在地
〒500-8144 岐阜県岐阜市東栄町3-7-1
担当者
高木 翔平
電話番号
058-249-7511
FAX
058-247-0027
URL
http://www.maruei-gas.co.jp
バイオマスエネルギーによるコスト削減・廃材の熱再利用をご検討のお客様へ

お電話・またはメールフォームにて、お気軽にお問い合わせください。

株式会社マルエイ アグリ・バイオエネルギー事業部
058-249-7511 
メールでのお問い合わせ